ハウスメーカー出身の家づくりプランナーが「家づくりとお金」をトータルサポート

FPオフィスケルンのホームページへようこそ

住宅ローンのために家族の楽しみを我慢する家づくりは辞めませんか?


あなたらしい家づくりをお金の面、気持ちの面からもサポートする家づくりプランナーです。
マイホームを持つために住宅ローンを借りる必要はあるけれど、返済のために家族の楽しみや自分の楽しみを我慢するのはいやではありませんか?

僕は我慢が嫌いです。

こう言うとなんだか我がままに見えますが、やりたいことを我慢しなければいけない生活はいやです。
将来の目標や夢のために何かを我慢して貯金をしたり、遊びをしばらく我慢することは前向きな我慢なので好きです。
でも、住宅ローンの返済のために趣味やささやかな楽しみを我慢したりするような生活は我慢できません。

あなたにもきっと我慢できない楽しみがあるのではないでしょうか?
もしこんなことを我慢しなければいけないとしたら・・

・毎晩の晩酌がビールから発泡酒に変わる
・美容院やネイルサロンに行く回数を減らさなければいけない
・大好きなゴルフの回数を減らさなければいけない
・同僚からのお酒の誘いを断らなければいけない時が増える
・週末の家族との外出はもっぱら近所のショッピングモールをブラブラすることに変更  などなど


夢のマイホームを持っても、我慢が増えるならばマイホームの話も楽しくなくなるかもしれません。
夢のマイホームですから、我慢も最初のうちはできるかもしれません。でも住宅ローンを完済する30年後までそんな侘しい気持ちを持って過ごしますか?
あなた専属の家づくりプランナーはファイナンシャルプランニングスキルと住宅業界でのたくさんの実務経験を活かして、あなたの住宅購入から我慢を減らすサポートをします。
マイホーム購入には住宅ローンが付き物。でもその住宅ローンや家づくりの予算を間違えることで我慢を強いられる生活が待ち受けています。
「無理をしない予算」と言うのは簡単ですが、その予算を導き出すには家計の現状をしっかりと把握する必要があります。
家計だけを見ていてもダメで、マイホーム購入のプロセスもしっかりと見据えた家計のプランニングが大切です。
家づくりプランナーはあなたの家計と家づくりをトータルにプランニングしてサポートします。
是非「マイホームを持っても我慢をしなくてすむ健康な家計」を実現させましょう!

 ごあいさつ

はじめまして。あなた専属の家づくりプランナーの佐藤 陽です。佐藤陽
ホームページをご覧いただきありがとうございます。
15年間のハウスメーカーでの会社員時代にたくさんの住まいづくりに関わらせていただきました。
ただ中には、会社員としての立場を苦々しく感じる場面に何度か出くわしました。

それは、このお客様は今は家を購入するタイミングではないのに、ハウスメーカーの社員としては「今は辞めて、1年待ってから始めましょう。その方が家計的にも安心できます」とは言えず、契約に向けて話を進めなければならなかったこと。
ファイナンシャルプランニングの知識があると分かってしまう、その方の家計の将来像と目の前で契約に向けた話をしなければいけない狭間でとても悩みました。

そんな時に考えはじめたのが「お客様に寄り添った家づくりの専門家」の存在です。
不動産会社でも工務店でもなく、銀行でもない存在を探しましたが、なかなか存在しない。それならば自分で対応していこうと思い、やり始めたのがきっかけです。
一生に一度の大きな買い物と言われる程です。
家づくりに慣れている方はいません。
だからこそ不安や疑問が沢山あって当然です。
あなたが今、抱えている心配や疑問を一緒に解消して、「10年後も家族で笑っていられる家づくり」をしましょう。

詳しいプロフィールはこちら  

お客様の声

4人家族2

ご相談内容

主人が個人事業主で住宅ローンが借りづらいが家を建てたい。

ローンを組む方法はありますか?

家計的に適正な住宅ローンの金額と自己資金の額を知りたい

感想

・住宅ローンに詳しいだけではなく、住宅購入に伴う贈与税などの扱いなど幅広くアドバイスを頂け、目からうろこのお話も多く聞けました。

家づくりを進めるに当たり、借入額の目安も我が家の家計の状況をしっかりとカウンセリングしていただいて導き出していただきました。 おかげで将来に渡る家計の不安もなくなりました。(千葉県の30代M様) 

button_500-100_maru_03_go_green 相談ボタン

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 047-315-1239 受付時間9:00~17:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
  • メールでお問い合わせはこちら

マイベストプロ・マネーの達人にて、コラムを執筆しています。





  • facebook