ハウスメーカー出身の家づくりプランナーが「家づくりとお金」をトータルサポート

住宅ローン借換えを検討中の方

現在、住宅ローンをご返済中の方(繰上げ返済 借換え検討)

低金利が続いていますが、当初借りた時と金利に差があるようだけど借換えのメリットはあるの?

繰上げ返済の方が良いの?いろいろ調べてもよく分からないなんてなっていませんか?

もしかしたら、借換えしたいけど、転職して収入が減っているから難しいのかな?

色々と借換えにあたっても心配が絶えません。

住宅ローン借換えのメリットがどの程度あるのか、借り換えが可能なのか、お話を伺ってアドバイスいたします。

もし借換えを具体的に進める際にも金融機関の選定から手続きまでサポートをしっかりさせていただきます。

借換えか繰上返済か?

・現在の住宅ローンの金利は何%ですか?

・当初借入した時と家計の状況に変化は生じていませんか?

生命保険は家族の変化に合わせて見直しをした方が良いと言われますが、住宅ローンも同じです。

定期的に見直してみると、より良い条件に変えられるかもしれません。

借換えばかりではなく、繰上げ返済することも選択肢として検討できるかもしれません。

仮に100万円の資金を繰上げ返済の原資にするなら、100万円分の元本が減ります。

単純に100万円とそこに発生するはずだった利息分が得することになります。

借換えをして、今よりも低い金利になれば、月々の返済額も減らせることになります。結果、総支払額の削減にもなります。

でも、借換えの場合、注意しなければいけない点があります。

借換え検討時の注意点

借換えをすることで借入金利が低くなるならこんなにうれしいことはありません。

でも注意しなければいけない点があります。

1 住宅ローンを借りた後に転職や独立をしていませんか? → 収入が減っていたり、独立間もないと借換えはできないかもしれません

2 奥さんと収入合算をしていたが、出産や育児のために退職や休職していませんか? → 金額によっては借換えはできないかもしれません。

3 単純に金利が下がるということだけではなく、借換えにあたり必要な諸費用も含めて検討できていますか?

→ 登記費用や融資手数料 場合によっては今借りている銀行へ繰上げ返済手数料が発生することもあります。

総費用も含めて検討する必要があります。

メニュー

 

初回相談

10,000円(税別) + 交通費実費 (船橋市内の場合は交通費不要) 住宅ローンの借換えメリット試算や住宅ローンに関する疑問など

借換えサポート

内容により費用を別途お見積もりさせていただきます。 具体的な借換え可能金融機関の提案や借り入れ条件の良い金融機関の提案などもできます。   相談ボタン

お気軽にお問い合わせください。 TEL 047-315-1239 受付時間9:00~17:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
  • メールでお問い合わせはこちら

マイベストプロ・マネーの達人にて、コラムを執筆しています。





  • facebook