家とお金銀行ごとの傾向を知る

個人事業主に限った話ではありませんが、住宅ローンは金利は違うけれど基本的にはどこも同じと思っている方がいます。

 

金利はもちろん違いますが、それだってそんなに大きくは違わないレベルです。でも、融資の姿勢には大きな違いが現れます。

 

例えば、

 

A銀行は一部上場の会社員が中心でそれ以外のお客様にはあまり融資をしてくれない(厳しめの結果がでる)

 

B銀行は自営業者にも割と融資をしてくれやすい

 

C銀行は個人の財産内容まで細かく聞かれるけれど、実態に即した内容からの判断をしてくれて融資をしてくれやすい

 

などです。

 

要は普段使っている銀行に審査を出して、仮に断られてもまだあきらめるのは早いということです。

 

そもそも最初から可能性の高い銀行を選ぶべきで、先の例でいえば、間違ってもA銀行には審査は出さない。

 

出すにしても本命とはしないで融資を受けられたらラッキーくらいの気持ちがちょうどよいということです(笑)

 


どうやって調べるのか?

ただ問題なのはこういった傾向をどうやって調べるかということです。

 

少なくとも銀行のホームページに「うちは個人事業主お断り」などとは出てこないです。

 

こればかりは直接、ヒアリングしていくしかないのですが、「個人事業主ですが、借りれますか?」と聞いても

 

「審査をしないと分かりません」と答えると思います。(たまにうちは個人事業主はあまり得意ではなくて・・なんていわれることありますが)

 

具体的に収入や計画内容をみせつつ、仕事は個人事業でこうなっていて・・・なんて概要を伝えて初めて感触が分かるものです。

 

ご自身で銀行にアタックしてくるのももちろんいいのですが、この辺りはプロと一緒に作戦を練りながら進めて行くのが得策だと思います。

 

なんせ「時は金なり」とは言いますが、個人事業主にとって時間はとても大切ですからね(笑)

 

相談ボタン