家と図面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自社の強みは?

「自社の強みは?」なんてまるで住宅ローンとは関係のない話をしているように感じますが、

 

ここ重要です(笑)

 

大きな企業に比べて圧倒的に信頼度が落ちる個人事業主にとって、いかに自分は信頼に足る人物だと思ってもらえるのかが大切です。

 

そこでやはり「自社の強み」は大切なポイントです。

 

どんなに高い売上があろうが、強みが見えなければ、「長期安定的な収入」が得られるかどうかの判断が分かれる可能性があります。

 

「たまたま売れている?」なんて思われたら、不利です。

 

やはり「この強みを活かして、売上が上がっている。今後も継続していけそうだ」と思われたいですね(笑)

 

自分では強みと思ってなくても・・・

以前担当したお客様は縫製業を営んでいました。

 

縫製業のイメージがあまりない状態だった自分ではありますが、お客様から色々なお話を伺ううちに

 

ある商品がほぼ独占状態というものがありました。

 

お客様自身はそれほど難しい技術でもないし・・と意にも介していない感じでした。

 

しかし、よくよく聞いていくとお客様の所でしか作ることができないほぼ独占状態の商品でした。

 

そもそもその商品を作っていたライバルたちが次々に廃業していき、残っていた数少ない業者のひとつだったのです。

 

これも強みのひとつです。

 

他の商品でもこの業界では珍しくインターネットを利用した情報発信をしていて、遠方からもわざわざ取引の依頼がくるという状況が分かりました。

 

自分の強みは

まるで起業かなにかのブログのようになってしまいますが、住宅ローンを組むのをきっかけに自分の強みって何か改めて考えてみるといいですね。

 

強みを発見する方法はたくさん巷ではありますが、

 

「お客様から選択されている理由」お客様からヒアリングしてみると面白いかもしれませんね。

 

もしかしたら改善点が見つかるかもしれませんし、自分には気付けなかった強みが発見できるかもしれません。

 

相談申込