個人事業主だけれども住宅ローンを借りたいと思ったら、ポイントがあります。

 

会社員よりも収入の安定性を不安視される個人事業主。会社員だから安定しているとも言えない世の中ではありますが、そう文句を言っても始まりません。

 

銀行に安心してもらわなければ、貸してもらえません。

 

 

 

あなたの申告は何色?

個人事業主の場合、必ず確定申告をしていると思います。

 

もし申告をしていないとしたら、まずはきちんと申告をするところから始めましょう。

 

当たり前ですが、正しい申告をしてください。

 

「これは経費で申告できる、できない」みたいな判断の分かれるものはあるとしても、架空の売上数字になっていないようにしましょう。

 

では、何色申告されていますか?

 

「白色?」

 

「青色?」

 

税制上はいづれを選択されても問題はありません。

 

「青だと帳簿とか面倒だから、ひとりでやっている今は白でやっている」という方もいるでしょう。

 

でも住宅ローンの審査を出す上では、断然「青色」が有利です。

 

なぜなら、申告する側からすると面倒に感じる帳簿関係の書類の具備が義務付けられているということは、青色申告書の申告数字には裏付けがあるということです。

 

つまり申告数字の前提として、「信用できる」数字になっているということです。

 

(そもそも取引自体を偽装していたりというのは論外ですが・・・)

 

もちろん白色申告では審査に通らないかというと、絶対ダメとは言えませんが、数字の裏付けになる資料をいつでも提出できるように整えておいた方が無難です。

 

「石の上にも3年」は住宅ローン審査でもあてはまる

では、次にその申告は3年間出来ていますか?

 

独立してから3年を経過していますか?という聞き方でもいいかもしれません。

 

基本的には独立してから3年を経過していないと審査をしてくれない銀行が多いのです。

 

3年経過していなくても大丈夫な銀行もありますが、少数派です。(*)

 

「石の上にも3年」なんて諺もありますが、基本的に3年間継続して事業が行えていないとダメということです。

 

もちろん事業を継続できていないと、家を購入しようなんて思いもしないかもしれませんが・・・

 

個人事業を2年間やっていて、法人になって2年というパターンも審査上は対応が分かれます。

 

個人事業から継続して3年以上経過しているから、申込OKという銀行と法人として3年経過しないとダメという銀行に分かれます。

 

「石の上にも3年」個人でも法人でも必要な期間なんですね。

 

(*)少数派の銀行では独立後、一回の確定申告をしていれば審査の対象になるところもあります。

 

貯蓄出来ていますか?

事業主の方は現金を使いたくないという傾向があります。

 

それはそうです。

 

事業の資金繰りで必要な時のためにも手元資金に余裕を持たせておきたいと考えます。

 

借りられるなら借りたいと考えます。

 

でも住宅ローンの審査上はやはり自己資金が多く投入されているほうが好まれます。

 

少なくとも建築資金に自己資金は投入しなかったとしても、貯金はこれだけは別にあるんだという状況にはしておきたいです。

 

自己資金も本当に少なくて、たくさん借りたいという事業主には銀行の審査の目も厳しくなっていきます。

 

貯金が出来る余裕がある家計なのかそうでないのか?

 

ここが住宅ローンの審査では重要になります。

 

将来のためにも、家を買うためにも貯金の出来る家計を作っていきましょう。

 

 

 

相談ボタン