相談に来られる方で多いのが個人事業主や会社経営者の方です。

 

会社員に比べると住宅ローンを借りるという意味ではスムーズにいかないケースが多くあります。               でも家を買おうという方達ですから、少なくとも事業は順調に推移されていたりするケースが多くあります。

 

住宅ローンの審査では、3年分の収入や会社の業績を見られたりしますが、「この3年間は順調なんだけど、それ以前にあった損失が累積していてまだ解消できていない」とか「個人の所得を低く申告しているけれど、実際にはキャッシュフロー的には十分に返済する自信がある」なんて言うケースもあります。

 

もちろん自己資金がどの程度準備できているのか、家族のなかで他に収入を持つ人がいるのか 社長個人の資産背景など多くの情報で判断がされますので、同じ金融機関でもあっちの社長の住宅ローンは通ったけど、こっちの社長はだめだったなんてことはありえます。

 

会社員以上に審査に時間がかかるのも特徴です。でもあきらめずにやっていると融資可能な金融機関が見つかることもあります。そのためには場合によっては多くの金融機関に問い合わせをして、審査の土俵に乗るのか入り口で断られるのか確認をすることも必要になります。ただ多くの経営者の場合、こんな作業を行う時間的な余裕はないと思います。

 

そんな時に是非、住宅ローン専門のFPを利用していただければ、多くの金融機関への問い合わせ作業も含めて、住宅ローンコンサルティングを行わせていただきます。

 

ご興味のある方はこちらまで

 

そんな